日大アメフト問題は監督・コーチによるパワハラ事件のひとつ

日大アメフト部員がした行為はきわめて危険であり、スポーツマンシップにもとるというのはやさしいですが、背後には様々な事情が絡んでいるように思います。少しそれを知ると、単にそれをした部員を責められない気もします。

スポーツをする者なら誰しもまず、自分の取り組んでいる競技、持ち場でうまくなりたいと思い、さらにチームを勝たせたいと本能的に思うものです。

今回危険行為を犯した選手は本来、チームの主力でありながら最近では、あまり出場の機会が与えられなかったということです。厳しい練習に明け暮れるのは、試合に出ていいところを見せたい、大勢の観衆の前でファインプレーを見せたいという、これまた選手なら誰しも持つ本能によるものです。

しかし、選手の側でいくらそれを望んでも、監督が試合に使ってくれなければ、選手のレベルではどうすることも出来ません。

そんな時、相手に対する危険行為をすれば試合に出してやるぞと持ちかけられたらどうでしょうか、しかも相手は大学アメフト界の名門関西学院大学。心が動いたのは無理からぬ部分もあったのではないでしょうか。

さらにそれがうまく当たれば、当面相手の選手は試合に出れなくなるので、強烈なダメージを与えることが出来、間接的にチームの勝ちに貢献できる。

スポーツマンのよさはあまりものを深く考えないことです。これは決してバカにして言うのではなく、むしろ男らしくいい面としてとらえてもいいと思います。この仕事を監督から持ちかけられたときの、この選手が置かれた先のような状況、それと普段から培われていたであろう、スポーツマンらしいあまり深く考えないで行動に移す習慣、そうしたことを考え合わせますと、即答だったんじゃないか。

つまり自分がやりますということです。

大学生にもなってお前バカかとは、なかなか言えないんですね。その状況を考えますと。

ですから私はこの事案、日大監督が全てだと思います。選手は悪くありません。した行為は一歩間違えればとんでもなく危険なことですが、逆らえば出場させてもらえない、弱い立場に置かれていたことを考えれば、むしろ命令された選手も被害者です。

まして、日大のアメフト部は名門です。町のごろつき集団や学校の不良の集まりではありません。それどころかアメフトの世界ではエリートといっても過言ではないほどの名門チームです。そこで最高責任者から受けた命令を、跳ね除けることなど簡単に出来るものではありません。嫌なら辞めるしかないでしょう。

しかしもし辞めたら、周りの期待を裏切ることになりますし、自分自身目標を失った一般学生に成り下がるしかありません。それは今まで選ばれ、て栄光の経験を何度もしてきた選手にとって、身の毛がよだつほどの恐怖であったはずです。

こうしたことを考えますと今回の事案には、昨今スポーツの社会でも問題となっている、パワハラの一種と考えるのがもっとも妥当ではないでしょうか。後ろから突っ込んでいけと命令した井上奨コーチ(ゲイビデオ出演)も誠意ある対応をして欲しいところです。というかこのコーチなんで実家金持ちそうなのにゲイビデオ出たんですかね?ウリ専かやってるのは体育会系大学生あるあるですが、、、

ビットコインは怖い。しかしやってみると利益がでた!

「最近ビットコインってよく聞くけど、ずいぶん高くなっているし、なんだか怖い」
そう思ってなかなか手を出せずにいましたが、先日ビットコインデビューしました。
私は投資に興味がないタイプでしたが、主人は株や投資信託の経験もあり、ビットコインも興味があるようでした。
仕事が忙しい主人はなかなか本業以外に手を出せなかったので、代わりに私が勉強してみることにしました。
しかし冒頭の通りのイメージがあり、なかなか踏み込めません。
そんな中で目にしたのが、ビットコイン暴落のニュース。
大損した人の声も見て、ますます怖そうとも思いましたが、なぜそんなに大損になったのか興味がわきました。
調べてみると、大金を投資し、高いレバレッジで運用していたため、暴落の損失も大きくなってしまったようでした。
「なくなっても腹が立たない金額分だけ、現物取引をすれば問題ないんじゃないか」と思い、ビットコイン投資に前向きになりました。
辿り着いたのはビットフライヤー。国内最大の取引所らしく、登録も簡単だったので、まずはアカウント開設をしてみました。
本人確認や銀行口座の登録も全てパソコンで簡単に行え、あっという間に取引可能な状態になりました。
貯蓄用口座に住信SBIネット銀行を利用していますが、ビットフライヤーは日本円入金先として三井住友銀行とSBIネット銀行を持っているので、手数料なしで入金することができました。
入れた金額はとりあえず5000円。失敗しても、宝くじ買ってはずれたと思えば腹も立ちません。
現在1BTCが100万円を超えているので、こんな少額では投資できないと思っていました。
しかし、販売所では0.00000001BTC、取引所では0.001BTCから取引が出来るので、1000円に満たない金額でも始めることができ、投資初心者でも始めやすいです。
販売所と取引所がありますが、私は販売所を利用することにしました。
取引所は株やFXと同様、売りたい人と買いたい人がいて、両方の注文があって初めて取引が成立します。
逆に言うと、大暴落していて売りたいけど、買いたい人がいなくて売れない、という可能性もあります。
一方の販売所は、ビットフライヤーと個人がやり取りする場です。
ビットフライヤーが保有しているビットコインを買い、売りたいときに売るのです。
会社が利益を上げられるようにするため、個人は取引所より儲けを出しにくいそうですが、確実に売買できる安心感があります。
こういった特性を踏まえ、リスクの小さい販売所を利用したのです。
取引可能になってすぐ、とりあえず0.001BTCを1298円で購入しました。
しかし、その後下降トレンドが続き、タイミングが悪かったかなと思いました。
下降が落ち着いたところでもう0.001BTCを1179円で購入。1260000円/BTCを超えたところで全て売却し、58円の利益を得ました。
たかが58円かもしれませんが、2477円で58円の利益というのは、運用利回り2.3%です。
夢を見て宝くじを買って0になったりするよりも確実で、上手くいけば少額でも銀行以上の利益を出せることが分かりました。
なかなか手が出せなかったビットコインですが、リスクをおさえつつ投資に挑戦することができ、一つ成長できた気がします。
しばらくは入金した5000円だけでどこまで増やせるかに挑戦していきたいと思います。

今振り返るとビットコインだけの購入で良かったのではないかと思っています

私は40歳の多少投資に興味があるくらいのごく普通のサラリーマンでした。なので地味に株やFXなどをやっていたんですが、ある日から仮想通貨の話題が会社でもよく出るようになり、自分なりに調べて一番良さそうだとザイフで取り引きを始めました。

最初はメジャーなものという事でビットコインを購入し、しばらく様子見で保有しておいたんですが、これがまぐれで大きく値が上がりました。数日で資金が約1.2倍になりましたので、これは良いと続けてイーサリアムとネムも購入しました。イーサリアムの方は第2のビットコインになると言われていましたし、ネムの方もこれから上がると言われていたのでかなり期待しての購入でした。

しかし、結果は微妙なものになりました。その日くらいから仮想通貨全てが暴落し始めた為です。アプリに表示される総資産額がどんどん減っていくので、一時はアプリを開くのも苦痛なくらいでした。ですが、その後反発、暴落を繰り返しながら価格は微妙に上がり、今では購入金額辺りで安定しています。今現在で総資産額がマイナス2千円というかなり微妙なところで数日止まっています。

実際に仮想通貨の取引をしてみて思ったのが、完全にビットコイン次第だという事です。どの仮想通貨を購入しても、ビットコインの値が下がればほとんどの場合他の仮想通貨も下がり、逆に上がれば上がります。グラフで見ると全く同じ動きです。なので、基本はビットコインだけの購入で良いかなと感じました。今後急激に成長する仮想通貨の銘柄もあるんでしょうが、それをピンポイントで押さえるのは難しいです。初心者は変にそういった銘柄を予想するよりも、無難にビットコインのみの取り引きに専念した方が利益は出るんじゃないかと思いました。

私の場合は何度か取引を繰り返してマイナス2千円で落ち着いていますが、知人などは同じ期間で総資産が半分になった人もいます。ですので、これから仮想通貨に投資しようと思っている人は余り売り買いを繰り返さずに、基本である現物取引で安い時に買って高い時に売るというスタイルにした方が良いと思います。それでもタイミングによっては損をする事もありますが、現物取引であれば含み損のまま放っておけます。そうすれば含み益に転じるまで放置出来ますので損をしない可能性が高くなります。もちろんそのままどんどん値が下がってしまえば損失が増えるだけですので、大暴落直後を狙って参入するのが良いと思います。

また、仮想通貨同士のFXは余程資金に余裕がある場合を除いてやらない方が良いと思います。値動きが大きすぎて現物以外だと一瞬で強制ロスカットになんて事も良くあります。私もそれで大きな損失を出した事がありますので、絶対におすすめ出来ません。大袈裟ではなく本当に一瞬ですので、常に画面に貼り付いていたとしてもどうにも出来ません。なので仮想通貨の投資をと考えているのでしたら、最初は基本のビットコインを暴落直後に購入するというのだけに止めておくのが大きな失敗をしない為のポイントになると思います。