ビットコインは怖い。しかしやってみると利益がでた!

「最近ビットコインってよく聞くけど、ずいぶん高くなっているし、なんだか怖い」
そう思ってなかなか手を出せずにいましたが、先日ビットコインデビューしました。
私は投資に興味がないタイプでしたが、主人は株や投資信託の経験もあり、ビットコインも興味があるようでした。
仕事が忙しい主人はなかなか本業以外に手を出せなかったので、代わりに私が勉強してみることにしました。
しかし冒頭の通りのイメージがあり、なかなか踏み込めません。
そんな中で目にしたのが、ビットコイン暴落のニュース。
大損した人の声も見て、ますます怖そうとも思いましたが、なぜそんなに大損になったのか興味がわきました。
調べてみると、大金を投資し、高いレバレッジで運用していたため、暴落の損失も大きくなってしまったようでした。
「なくなっても腹が立たない金額分だけ、現物取引をすれば問題ないんじゃないか」と思い、ビットコイン投資に前向きになりました。
辿り着いたのはビットフライヤー。国内最大の取引所らしく、登録も簡単だったので、まずはアカウント開設をしてみました。
本人確認や銀行口座の登録も全てパソコンで簡単に行え、あっという間に取引可能な状態になりました。
貯蓄用口座に住信SBIネット銀行を利用していますが、ビットフライヤーは日本円入金先として三井住友銀行とSBIネット銀行を持っているので、手数料なしで入金することができました。
入れた金額はとりあえず5000円。失敗しても、宝くじ買ってはずれたと思えば腹も立ちません。
現在1BTCが100万円を超えているので、こんな少額では投資できないと思っていました。
しかし、販売所では0.00000001BTC、取引所では0.001BTCから取引が出来るので、1000円に満たない金額でも始めることができ、投資初心者でも始めやすいです。
販売所と取引所がありますが、私は販売所を利用することにしました。
取引所は株やFXと同様、売りたい人と買いたい人がいて、両方の注文があって初めて取引が成立します。
逆に言うと、大暴落していて売りたいけど、買いたい人がいなくて売れない、という可能性もあります。
一方の販売所は、ビットフライヤーと個人がやり取りする場です。
ビットフライヤーが保有しているビットコインを買い、売りたいときに売るのです。
会社が利益を上げられるようにするため、個人は取引所より儲けを出しにくいそうですが、確実に売買できる安心感があります。
こういった特性を踏まえ、リスクの小さい販売所を利用したのです。
取引可能になってすぐ、とりあえず0.001BTCを1298円で購入しました。
しかし、その後下降トレンドが続き、タイミングが悪かったかなと思いました。
下降が落ち着いたところでもう0.001BTCを1179円で購入。1260000円/BTCを超えたところで全て売却し、58円の利益を得ました。
たかが58円かもしれませんが、2477円で58円の利益というのは、運用利回り2.3%です。
夢を見て宝くじを買って0になったりするよりも確実で、上手くいけば少額でも銀行以上の利益を出せることが分かりました。
なかなか手が出せなかったビットコインですが、リスクをおさえつつ投資に挑戦することができ、一つ成長できた気がします。
しばらくは入金した5000円だけでどこまで増やせるかに挑戦していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です