今振り返るとビットコインだけの購入で良かったのではないかと思っています

私は40歳の多少投資に興味があるくらいのごく普通のサラリーマンでした。なので地味に株やFXなどをやっていたんですが、ある日から仮想通貨の話題が会社でもよく出るようになり、自分なりに調べて一番良さそうだとザイフで取り引きを始めました。

最初はメジャーなものという事でビットコインを購入し、しばらく様子見で保有しておいたんですが、これがまぐれで大きく値が上がりました。数日で資金が約1.2倍になりましたので、これは良いと続けてイーサリアムとネムも購入しました。イーサリアムの方は第2のビットコインになると言われていましたし、ネムの方もこれから上がると言われていたのでかなり期待しての購入でした。

しかし、結果は微妙なものになりました。その日くらいから仮想通貨全てが暴落し始めた為です。アプリに表示される総資産額がどんどん減っていくので、一時はアプリを開くのも苦痛なくらいでした。ですが、その後反発、暴落を繰り返しながら価格は微妙に上がり、今では購入金額辺りで安定しています。今現在で総資産額がマイナス2千円というかなり微妙なところで数日止まっています。

実際に仮想通貨の取引をしてみて思ったのが、完全にビットコイン次第だという事です。どの仮想通貨を購入しても、ビットコインの値が下がればほとんどの場合他の仮想通貨も下がり、逆に上がれば上がります。グラフで見ると全く同じ動きです。なので、基本はビットコインだけの購入で良いかなと感じました。今後急激に成長する仮想通貨の銘柄もあるんでしょうが、それをピンポイントで押さえるのは難しいです。初心者は変にそういった銘柄を予想するよりも、無難にビットコインのみの取り引きに専念した方が利益は出るんじゃないかと思いました。

私の場合は何度か取引を繰り返してマイナス2千円で落ち着いていますが、知人などは同じ期間で総資産が半分になった人もいます。ですので、これから仮想通貨に投資しようと思っている人は余り売り買いを繰り返さずに、基本である現物取引で安い時に買って高い時に売るというスタイルにした方が良いと思います。それでもタイミングによっては損をする事もありますが、現物取引であれば含み損のまま放っておけます。そうすれば含み益に転じるまで放置出来ますので損をしない可能性が高くなります。もちろんそのままどんどん値が下がってしまえば損失が増えるだけですので、大暴落直後を狙って参入するのが良いと思います。

また、仮想通貨同士のFXは余程資金に余裕がある場合を除いてやらない方が良いと思います。値動きが大きすぎて現物以外だと一瞬で強制ロスカットになんて事も良くあります。私もそれで大きな損失を出した事がありますので、絶対におすすめ出来ません。大袈裟ではなく本当に一瞬ですので、常に画面に貼り付いていたとしてもどうにも出来ません。なので仮想通貨の投資をと考えているのでしたら、最初は基本のビットコインを暴落直後に購入するというのだけに止めておくのが大きな失敗をしない為のポイントになると思います。