日大アメフト問題は監督・コーチによるパワハラ事件のひとつ

日大アメフト部員がした行為はきわめて危険であり、スポーツマンシップにもとるというのはやさしいですが、背後には様々な事情が絡んでいるように思います。少しそれを知ると、単にそれをした部員を責められない気もします。

スポーツをする者なら誰しもまず、自分の取り組んでいる競技、持ち場でうまくなりたいと思い、さらにチームを勝たせたいと本能的に思うものです。

今回危険行為を犯した選手は本来、チームの主力でありながら最近では、あまり出場の機会が与えられなかったということです。厳しい練習に明け暮れるのは、試合に出ていいところを見せたい、大勢の観衆の前でファインプレーを見せたいという、これまた選手なら誰しも持つ本能によるものです。

しかし、選手の側でいくらそれを望んでも、監督が試合に使ってくれなければ、選手のレベルではどうすることも出来ません。

そんな時、相手に対する危険行為をすれば試合に出してやるぞと持ちかけられたらどうでしょうか、しかも相手は大学アメフト界の名門関西学院大学。心が動いたのは無理からぬ部分もあったのではないでしょうか。

さらにそれがうまく当たれば、当面相手の選手は試合に出れなくなるので、強烈なダメージを与えることが出来、間接的にチームの勝ちに貢献できる。

スポーツマンのよさはあまりものを深く考えないことです。これは決してバカにして言うのではなく、むしろ男らしくいい面としてとらえてもいいと思います。この仕事を監督から持ちかけられたときの、この選手が置かれた先のような状況、それと普段から培われていたであろう、スポーツマンらしいあまり深く考えないで行動に移す習慣、そうしたことを考え合わせますと、即答だったんじゃないか。

つまり自分がやりますということです。

大学生にもなってお前バカかとは、なかなか言えないんですね。その状況を考えますと。

ですから私はこの事案、日大監督が全てだと思います。選手は悪くありません。した行為は一歩間違えればとんでもなく危険なことですが、逆らえば出場させてもらえない、弱い立場に置かれていたことを考えれば、むしろ命令された選手も被害者です。

まして、日大のアメフト部は名門です。町のごろつき集団や学校の不良の集まりではありません。それどころかアメフトの世界ではエリートといっても過言ではないほどの名門チームです。そこで最高責任者から受けた命令を、跳ね除けることなど簡単に出来るものではありません。嫌なら辞めるしかないでしょう。

しかしもし辞めたら、周りの期待を裏切ることになりますし、自分自身目標を失った一般学生に成り下がるしかありません。それは今まで選ばれ、て栄光の経験を何度もしてきた選手にとって、身の毛がよだつほどの恐怖であったはずです。

こうしたことを考えますと今回の事案には、昨今スポーツの社会でも問題となっている、パワハラの一種と考えるのがもっとも妥当ではないでしょうか。後ろから突っ込んでいけと命令した井上奨コーチ(ゲイビデオ出演)も誠意ある対応をして欲しいところです。というかこのコーチなんで実家金持ちそうなのにゲイビデオ出たんですかね?ウリ専かやってるのは体育会系大学生あるあるですが、、、